会社設立や個人事業主なら税務調査があるかも? | 28歳、シェアハウスに住んでます。

28歳、シェアハウスに住んでます。
ブログ | 03月23日更新

会社設立や個人事業主なら税務調査があるかも?


じぶんで会社設立した人や個人事業主なら税務調査があるそうです。
なんとなく怖いイメージのある税務署ですが、会社を設立したばかりなどの時は逆にいろいろ聞けてメリットが大きいかもしれません。

初めての税務調査

まず最初にお店にじかに税務署から電話が入り、◯月◯日にお伺いしますけど、大丈夫ですか?と聞かれました。
店休日に来て頂くことにしました。
私は会社設立をしているのではなく自営業です。
ですので私ひとりの対応で税務署の方も1人できました。

1日目、確定申告書をチェックして、帳簿も3年前までさかのぼり、売り上げ金額が合っているかどうか、伝票と見比べて計算してとやっていました。
これを2日間やりました。
そして、経費も認められる物とそうでないものを選別され、売り上げも、間違えているところがあったので、それを訂正して、税金をまた更に計算し直したものをこちらがチェックして、それで大丈夫なら終わりです。
個人事業主ということもあり、簡単でしたが、きっと会社設立をしている人はもっとふくざつなのかもしれません。

税務署員のかたも緊張している!?

初めての税務調査が、入り、こちらも何が何だか分からずでしたが、税務署の方も新人の若い女の子が1人で来て、その方もよく分からずで大変だったのか、逆にラッキーだったのかわかりませんが、とにかく終わってホッとしました。
別に悪い事をしているわけではないのですが、税務署というキーワードがこちらを緊張させますね。
税のことなど、全然分からなかったので余計に不安だったのかもしれません。
こちらの勘違いで売り上げも消費税抜きで計算して確定申告していたので、新たに計算し直した税金にびっくりの金額でした。
個人の自営業だとかなりドンブリ勘定になりがちですが、今回色々と税務署の方にお話を聞けて、スッキリわかったこともあり、今だに分からないこともありますが、とにかく仕事に関わるレシート、領収書は何でも取っておいた方が本当にいいなと思いました。
そして、税務署の方も税務調査に行くのは招かれざる客という意識はあるので、こちらも緊張しますよとおっしゃっていたのが、とっても印象的でした。